メインイメージ

予算

国内旅行は予算決めがポイント国内旅行の予算を決める時のポイントを紹介します

国内旅行は予算決めがポイント

貯金箱

国内旅行の時に検討するキーワードと言えば行き先と日程と予算ではないでしょうか。特に予算については、同行者がいる場合早めに決めることをオススメします。

なぜなら予算次第で、行き先も日程も変わるからです。あまりコストをかけずに旅行をする場合は、移動手段をLCCにしたり、距離と人数によってはレンタカーを借りると安く済むこともあります。また日程についても、金曜日、土曜日などの休前日よりも平日の方が安い場合が多いので、やはり予算については最初に十分に検討する必要があります。

また食事にどの程度費用を掛けたいかを同行者とあらかじめ確認しておくのも重要です。食事より遊ぶことや目的地に行くことに重きを置く場合は、食事も状況に合わせて安くあげることが出来ますが、そうでない場合は食事代もしっかり予算に組み込んでおいたほうが良いでしょう。

個人的には食事への期待度が合う人と旅行に行くと一番スムーズに行くと思います。以前友人とテーマパークに行く国内旅行の計画を組んだ際に、予算もある程度抑えつつ、時間ギリギリまで遊びたいと考えていました。しかしテーマパーク内で食事をしっかり取るとなると、事前に予約をしても高額になりますし、時間もロスしてしまいます。

恐る恐る友人にそのことを伝えると、友人も同じように考えていたらしく、結局当日は遊ぶことに重点を置き、朝食は開園待ちの列に並びながらコンビニのおにぎりを食べ、昼食はアトラクションの待ち時間にファストフードを食べる程度に留めておきました。その結果、開園から空港バスの出発時間ギリギリまで遊べて、とても有意義な国内旅行になりました。

このように国内旅行をする場合、予算を同行者ときちんと話し合っておくことは、有意義な旅行にするためにとても重要なことです。旅行先で喧嘩になるような最悪の事態も起きかねないので、計画段階から楽しく、良い時間が過ごせるように話しにくいことも確認し合うことを勧めます。