メインイメージ

予算

国内旅行で使うお金を節約するには?国内旅行で使うお金はどのくらいか、国内旅行の予算や持ち物、事故にあった時のお話などまとめています。

国内旅行で使うお金を節約するには?

旅行

国内旅行をする時にどれくらいのお金を持っていくのかで悩んだことはありませんか?多めにもっていけば散財してしまいそうだし、かといって足りなければお土産やアミューズメントなどが満足に楽しめないし、と悩むのでしょう。
落としてしまったり盗られてしまうことも心配です。国内旅行にもって行くお金の平均は、相場でいえば大体で3万円から5万円と言われています。それ以上だと散財してしまう可能性がありますし、それ以下だと困ることがあるかもしれないということです。

現代ではコンビニエンスストアが驚くような田舎でもあることがあり、コンビニさえあればどこの銀行のカードを使っても現金を引き出せますのであまり現金はもっていかない、という方もいるようですが、手数料を気にしたり、本当に田舎へ行く場合にはカードなども使えないので現金を持っていくという方がほとんどです。

では旅行中、一体何にお金をつかっているのでしょうか。外国であっても国内であっても、旅行先での主な消費場所はある程度決まっています。
一般的に旅に必要なお金は、まずは交通費、そして宿泊費や食事代、カフェや観光地の食べ歩きなど飲食関係、観光施設への入場料など、お土産、そして急病になってしまった時の医療費などです。

宿泊費などは旅行会社を通す場合に先に支払っていることも多いですし、インターネットなどで予約をする際にクレジットカードが使えるかどうか確認することも出来ますから、宿泊費のために現金を持っていく人は現代では少ないかもしれません。観光施設も場所によってはカード払いが出来るところもありますし、飲食もレストランなどの施設で食べるのであればカード払いが可能な場所も多いでしょう。
ですから、ある程度都会へ旅行するのであれば、必要最低限の所持金だけは現金でもっておき、残りは全てカード払いにするというのも安全策です。しかし万が一のときに、現金のみしか使えないとあればカードしかないとどうしようもないということに備える必要があります。

しかし楽しんで帰ってきたのはいいけれど、残ったのはクレジットカードの請求書だけ、という事態になる人もいるわけです。そんなことになりたくない、という方はやはりポイントを押さえて出費を少なくする必要があります。それでは国内旅行で所持金を抑えるポイントをみていきましょう。

外食で高くなる原因は、飲み物代にあることが多いです。例えばホテルなどでの食事中にビールなどのアルコール類を注文すると、普段の3倍ほどの値段がついているのが普通です。ですから食前酒や最中のアルコール、追加で飲みたいだけ注文などしていたら、一気に食事代は上がってしまいます。
旅行だからと普段はお茶か水の子供にもジュースを買うなどすれば、かさんで結構な金額になることは想像に難くありません。旅先では気も大きくなっていつもよりも暴食暴飲してしまい、体調不良に繋がることも多いものですから、食事中はお茶やお水を飲み、どうしてもアルコールが飲みたいのであれば外で買ってきたものを部屋で飲むようにするなど工夫をしてみましょう。

そして一番削ることが可能なのが、お土産代です。中には旅行にいくと知り合い全てにお土産を買ってこなければならないといったように、強迫観念的に思っている方もいますが、本来そんな義務はありません。例えば会社で有休をとったりサービス業で誰かにシフトを代わってもらったりして旅行に出た場合には、その迷惑をかけたという御礼も兼ねてお土産を用意することは必要ですが、その他の人々にわざわざお土産を買う必要などないのです。

旅行代にそれなりの金額がかかるのに、いつもお土産を交換しているからと高価なものを配っていては、所持金を減らせるわけもありません。まず、旅行にいくことを周囲の人に言うのをやめるようにしましょう。知らなければお土産を買ってくる必要もないのです。
そして、お土産は基本的にクッキーや地元の有名なお菓子など、食べたらなくなるものにすることが大切です。自分の趣味でもないもの貰ってしまうと捨てるに捨てられず、困ることもあります。どうしても買う必要があるお土産は、迷惑をかけたり同居している家族のみとする、など自分なりのルールを決めるようにしましょう。これだけで旅先に持っていくお金の金額は大きく減らせるはずです。

また、旅先では疲れや興奮から忘れ物をしてしまったりすることもよくあります。財布に全資金を入れていてそれを紛失してしまった、となれば一気に困ることになってしまうのです。クレジットカードは使うもの1枚のみにし、現金は財布だけでなく手帳などに分散してしまうようにしましょう。その場所を忘れないようにすることも大切ですが、財布だけに集中しないように気をつけることです。 暴食暴飲には気をつけて、帰った後に後悔しない、身の丈にあったお金を楽しく使い国内旅行を満喫しましょう。

旅行にお金を使いすぎて生活費が圧迫された時は、即日融資が可能なカードローンを利用するのもおすすめです。一時的なキャッシング利用は返済プランをきちんとたてることでトラブルもなく便利に利用できます。